スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八王子大会

tomaru\iino
2011年11月27日、八王子市民体育館におきまして、第26回八王子支部空道選手権大会が開催されました。横浜北支部から出場の選手の試合内容をレポートしていきます。


一般1部・川崎選手
開始よりフットワークを使い、良く動けていた。一発パンチをもらうが、上段のパンチを自分も入れて、互角以上に試合を進める。後半、ハイキックも入れ、手数でも優勢に進めるが、引き分け。延長戦、展開としては同様で、川崎選手はフットワークを使って攻めようとするが、本戦に比べ動きは失速気味。決定的なポイントは無いが、前に出れず判定負けとなる。
kawasaki


一般1部・服部選手
体重が申告より5キロオーバーとなり、反則2を受けた状態よりスタート。試合自体はローキックを巧くヒットさせ、相手に突っ込んでこさせない展開を維持した。組んでのパンチの打ち合いとなり、上段に何発かもらうが、顔をそむけることも少なく、格段の進歩と思われる。ポイントにより判定負けとなったが、今後に繋がる試合であった。
hattiri



一般1部・鈴木照幸選手
序盤、硬さが残っているが、前に出てくる相手選手に対し内角のパンチで動きを止めていく。一旦、寝技の展開でマウントを取られそうになるが、体を綺麗に入れ替え上になる。ポテンシャルの高さを見せた一幕である。その後、ハイキックなども入れ判定勝ち。
suzuki1


ビジネスマン格闘ルール・天野選手
2級の選手との対戦で、試合慣れの部分で硬さが見られるが、ローキックを果敢に繰り出す。パンチの手数が出なかったところがあるが、経験を積んでいけば良い動きが出来るようになると思う。判定負け。
amano


ビジネスマン格闘ルール・都丸選手対飯野選手
横浜北同士の同門対決となる。距離をつめて上段パンチの打ち合いという展開が繰り返される。飯野選手、速いキックを時折入れていくが、都丸選手の投げてからのパンチ決め等の技もあり、判定は都丸選手に上がる。
tomaru\iino


ビジネスマン格闘ルール・前原選手
開始より動きは良く、上段のパンチを入れていく。蹴りもタイミング良く出して、試合としては支配できている。しかしながら中盤にてロングフックをもらい、若干ぐらつき、効果を取られる。その後、足の負傷に見舞われ残念ながら敗退。
maehara



少年D部・山口知隼選手
蹴りで果敢に前に出るも、相手の前蹴りに苦しめられ、ミドルとハイで有効と取られて判定負けとなる。
yamaguti


少年D部・小泉智貴選手
序盤から猛ラッシュ、相手に攻撃の隙を与えず攻め続けるも、途中ハイキックをもらってしまい、効果判定負けとなる。
koizumi



少年C部・藤沢純也選手
序盤から突き・蹴りでラッシュをかけ効果を取り、コンビネーションで相手の付け入る隙を与えず有効を取る。さらに効果を奪取してのパーフェクトゲームで判定勝ち。
fujisawa



少年C部・坂部博貴選手
相手選手の猛攻を受け、防戦になるも、前蹴りで止めて反撃を試みるが、左ハイキックをもらって有効を取られてしまう。その後ローキックを受けた足の痛みに耐えながら頑張ったが、技ありを取られる形となり判定負け。
sakabe


少年C部・鈴木宙選手
開始よりリズム良くコンビネーションで攻撃を続けたが、相手選手の左ミドルで効果を取られてしまう。その後ハイキックで有効も取られ、判定負け。
sora


一般1部・鈴木照幸選手2回戦
序盤から、離れた距離の攻防となり、持ち味のロー・ミドルを繰り出し、上段のパンチを繋げていく。試合は終始優勢に進め、後半はミドルの連打をヒットさせ、判定勝ち。
suzuki1


一般2部・石川選手
手技による顔面なしルールの試合で、パンチの連打と右のミドルおよびローをメインに繰り出す。手数も多く、場外まで押し出す場面も何度かあり、優勢に進めたと思われたが、旗判定にて残念ながら敗れる。
isikawa


ビジネスマン格闘ルール・都丸選手2回戦
2級の選手との対戦であったが、パンチの見切りが非常に良く、前蹴りからの攻撃が巧くヒットし、さらに投げ勝つ場面も多く、判定勝ちを収める。
tomaru


ビジネスマン空道ルール・中村選手
開始からワンツー・ローキックと打撃を当てていく。中盤、寝技で上を取られるが、キッチリ返し、上をキープする。後半もローキック等をヒットさせ、見事判定勝ちを収める。
nakamura


中学部・吉澤選手
計量時のオーバーにより反則1からスタートの不利な展開となったが、早々に投げからマウントで効果をとり、打撃も的確にヒットさせ、ローキックからヒザ蹴り、投げへと繋ぐ見事なコンビネーションで圧勝。
yoshizawa


中学部・鈴木慧選手
ミドルからワンツー、ワンツーからハイキックと華麗なコンビネーションを見せつけ、インローで効果を奪取してからもスピード感ある攻撃を続ける。ラスト30秒に至って疲れが見えるも、相手に攻撃を許さず圧勝。
kei


少年C部・藤沢選手2回戦
ミドルからワンツー、後ろ回し蹴りで効果を取り、ワンツー連打で相手を押し込んだ。ラスト2秒でミドルが決まり、有効優勢勝ち。
fujisawa2


少年B部・中西慧選手
相手のミドルをキャッチして投げを狙うも決まらず、お互いミドルの応酬から接近戦で打ち合う展開となり、一歩も引かなかったが、相手選手に効果が入り判定負け。
nakanisi


一般1部・鈴木照幸選手・準決勝
試合に慣れてきて、よりパンチが伸びてきた。相手選手は組み技でのポジション取りを狙ってくるが、冷静に対処でき、打撃でハイキック等を決めて効果を取り、確実に勝ち進んだ。
suzuki2


一般2部・石川選手・三つ巴戦2戦目
相手選手の手数も多く守勢に回ることが多くなる。懸命にパンチを出していくが、右ローを受けたダメージが大きく、敗退。
isikawa2


ビジネスマン格闘ルール・都丸選手・準決勝
この試合も、持ち味のフットワークを生かし相手の攻撃をかわしながらパンチを入れていく。本戦においては五分の展開で引き分け、延長戦にてパンチを一発入れられマスクが動いてしまい、効果を取られる。ラストまで猛然と攻め、左右パンチを入れるが効果に至らず。判定負けとなる。
tomaru2


ビジネスマン空道ルール・中村選手・準決勝
本試合においても、ワンツー、ミドルキック等を軸に攻めていく。倒れても、相手に決定的なポジションを取らせない。最後まで、気持ちも切れずに試合を運ぶが、旗判定により敗退。
nakamura2


少年C部・藤沢選手・準決勝
ミドルからワンツー、後ろ回し蹴りで果敢に攻めるも、お互い決定打なく引き分け、延長戦にてハイキックをもらって効果を取られる。その後は相手選手のハイキックをスウェーでかわしてからパンチ連打という攻撃で攻めるが、先ほどの効果1が効いて敗退。
fujisawa3


中学部・吉澤選手・準決勝
早々に寝技の展開も決まらず、その後すぐ、投げから決めで効果1、打撃ではローからミドル、ヒザへ繋ぐコンビネーションで効果奪取、さらに相手のミドルをキャッチしての大外刈りから決めで有効。またも圧勝。
yoshizawa2


中学部・鈴木慧選手・準決勝
相手選手の強烈な前蹴りからハイキックをもらって有効を取られ、寝技にてマウントで効果を取られてしまう。ブレイク後、右ハイキックを受け、ダメージにより試合ストップ。


中学部・吉澤選手・決勝戦
ミドルをキャッチされて倒されるが、寝技は決まらず。立ってからは吉澤選手の強烈な右ローがヒットし、相手崩れる。ダメージにより試合ストップ。吉澤選手の中学部優勝。


一般1部・鈴木照幸選手・決勝戦
前蹴りをキャッチされて寝技となり、決まらずも、組んでヒザ、投げの応酬で接近戦の展開。再び寝技をブレイク後、ヒザ蹴り・ミドルを中心に攻め、ラスト30秒でパンチ連打、右ストレートがクリーンヒットし効果を奪取、文句なしの優勝!

八王子大会
スポンサーサイト

2011年11月26日(土)2部

11月26日2部の稽古内容を記載します。

●準備体操(横浜北式)
●マット運動 + アヒル歩き + ワニ歩きアップ + 4方向(反応)+ シャドー1R(3分)
●マス・スパー5R(1分半)
●首相撲2R(3分)  
●投げられ込み(左右2回ずつ)
●投げられたところからの寝技スパー5R(30秒ずつ)
●ワンツーで後ろの手からのストレートを誘いカウンターのタックル(打ち込み:オーソ、サウスポー10本ずつ)
●技研3R

にて終了しました。

技研の時に選手を中心に、久し振りにミットを持ちました。

ある選手には、遠間から左ストレートで一気に中に入り、
4連打もしくはカウンターのタックルという流れ、
またある選手には、ストッピングから打撃を入れ、
それに反応したところをライケンで組みとめてコントロール(+膝や右の小外など)、
という流れを繰り返しました。

今日の稽古後の三角締めの解説の時にも話しましたが、
最終的にこれで極めたい、という技がある時に、
その前段階というか、どのようにしてその技のフィニッシュ前まで持っていくかということをしっかり考える、
すなわち逆算で考えるということが如何に重要なのか、ということを、
今日のミットで気がついてもらえたらいいなと思います。

私が柔道を一所懸命やっていた頃(笑)、
柔道の師匠に『ロシアのチャンピオンで(名前も聞いたんですが忘れてしまいました^^;)
寝技になったらどの体勢からでも腕拉ぎ十字固めに持って行ける奴がいて、とても強かった』
という話を伺ったことがありましたが、
これも極めの強さというよりも
どの体勢からでも腕拉ぎに持っていく為の道筋を逆算で考えたレパートリーが誰より多かった
ということに他なりません。

どうやってカウンターのタックルを極めるか、
どうやってライケンで相手をコントロールする形まで持っていくか、
どうやって一発当てたらすぐに連打を加える癖をつけるか、
全ては逆算です。

逆算をし、その流れを何段階かのステップに分けて細かく身につけたのち、
全体の流れを確認する。

使える技術とはそうして身につけるものです。

この辺のところはしばらく木曜2と土曜2部でしっかりやっていくつもりなので、
興味のある方は参加してみて下さい^^

2011年11月24日(木)2部

11月24日2部の稽古内容を記載します。

●準備運動 : 横浜北式
●打撃の基本稽古 : 突き・蹴り(横浜北式)
●組技の基本稽古 : 
  受身2種(後ろ、横)、前転、後転、前回り受け身、エビ、打ち込み5種
  (打ち込み :大 外、小外、腰技、腕ひしぎ十字固め)

今回は、時間がなかったのでクローズドガードでの下からの攻撃のうち右手からの攻撃はやりませんでした。

●課題約手
  ストッピング、ストッピング→左ミドル、ストッピング→右ロー、
  ストッピング→ワンツー、ストッピング→左膝
●課題組打
  ライケンからの崩し→膝
  片手ロッコーからの崩し→膝
  ストッピング失敗からの膝(左ジャブ→左膝、ワンツー→右膝)
●課題ミット
  課題約手でのストッピングからの攻撃→ライケン、片手ロッコ-での崩し、攻撃
●技研3R

にて終了しました。

課題ミットでやった動きが、ロング~ショートの間合いでの流れです。
距離とタイミングをしっかり身体に刻みつけましょう。

2011年11月23日(水) 柔術教室(臨時)

2011年11月23日(水)の柔術教室の稽古をお知らせします。

課題は足を生かす。
○足に関するムービング数種
○投げられた状態からの足をいかした反撃
○横四方固めを逃れてからの足を生かした反撃

 通常より短く1時間の稽古でした。

                 以上

2011年11月23日 ビジネスマン女子クラス(臨時)

2011年11月23日(水)ビジネスマン女子クラス(臨時)の稽古をお知らせします。

○準備運動
○基本(簡易版)
○移動(簡易版)
○シャドー2分×2
(休憩)
○対人シャドー1分×3
○マススパーリング1分×8
○技研1分×12
 打撃の基本的な攻防を行いました。
                 
           以 上

11・18

柔軟
シャドー3×3R
ミット3×4R
ボクシング研究
受け身、打ち込み
寝技研究
グラップリングスパー2×7R

2011北斗旗全日本空道無差別選手権大会&ジュニア選抜選手権大会

北斗旗


青木支部長 総評

今回の大会は、色々と反省する点がそれぞれに出てきた試合だったと思います。
1回戦で敗退した選手にはもちろん大いに反省してもらいたいですし、勝ち上が
った選手についてもあと一歩及ばなかったのがどういう部分だったのか、よく考
えてもらいたいと思います。
ただし、反省点はそのまま今後の課題に直結します。
自分の試合の何が問題だったのかをよくよく頭の中で整理し、それを私や仲間た
ちとシェアして、今後の稽古に活かすための課題に昇華しましょう。
捲土重来を期待します。

試合リポート

北斗旗全日本空道ジュニア選抜選手権大会
吉澤鴻志選手
第29試合 対 山崎順也選手(紋別)
序盤、相手打撃、組際の支えから倒されマウントから極め。効果を取られる。
その後、リーチ差のある相手打撃を受け、組んで倒される展開。組相撲からの膝連打を受け、効果を取られる。判定負け。山崎選手は圧倒的な強さで優勝しました。

吉澤選手2



DSC00520.jpg

大矢るい選手
第3試合 対 小野田桃子選手 豊田大谷
 試合開始早々に打撃から投げそしてニーインザベリーとよい展開に持ち込んだものの効果の判定に至らず。その後も打撃、投げ、組んでからの膝による攻撃と終始優位に展開し、文句なく5対0の判定勝利。

るい

るい2試合

るい3


第30試合 対 川崎美穂選手 八王子
 1回戦同様に打撃から投げにより一旦、上を取ったが返されて同体に。相手選手はサウスポーで前にでてくるため後半、下がる場面も増えたが打撃の攻防は優位に展開し、3対2の判定勝利。

るい4

決勝戦  対 城侑沙選手 三河豊橋支部
 打撃の攻防は互角に渡り合うが、再三投げられ投げによる効果を先取されるが、寝技による効果は免れました。後半は相手の投げに徐々に対応しだし最後に投げられた際には、対を入れ替えバックマウントの体制に持ち込んだものの、効果が響き、0対5の判定負け。

るい決勝2

るい決勝3

るい決勝4




2011 北斗旗全日本無差別選手権大会
漆館宗太選手
第35試合 対 富岡達也選手(早稲田)
開始早々、ジャブローをキャッチされ組み、足を掛け倒し上となるが場外。その後、組みから倒されバックマウントをとられ効果を取られる。又、首投げ合いから倒され、縦四方からマウント、効果を取られる。打撃・組相撲からの膝で反撃するが及ばず、判定負け。

漆館選手

漆館選手2

山下正和選手
第36試合 対 篠原慶太選手(草加)
リーチのある相手からワンツーローでプレッシャーを受け場外へ追い込まれる展開。
場外近くで、首の投げ合いとなるが場外、相手から投げられる場面も。判定負け。


山下選手2
山下選手3

野田洋正選手
第38試合 対 Jason Angove 選手(吉祥寺)
相手右ロー2発から始まる。組んで寝技へ引き込み、相手腕十字を返し、上となるが再度返される。右ローキャッチされるが、巴で投げ、下から腕十字を狙うが返され縦四方。相手左ハイキックに対し右ストレートを返す等打撃の攻防、組相撲から膝を受ける。判定負け。

野田選手

野田選手2

野田選手3

緒方誉泰選手
第43試合 対 大日向貴之選手 帯広支部
 長い距離でストレート主体の打撃の攻防を狙ったものの、強引に組まれてマウントポジションからの効果を先取され厳しい状況。終始、相手先週の間合いにつかまり剛腕も不発。0対5の判定負け

緒方選手1
緒方選手2
緒方選手3

稲田卓也選手
第64試合 対 吉田誠選手 盛岡支部
序盤、相手ワンツーに対し、左ジャブ・左ミドルで応戦。組んで背面へ投げ、上となり、腕絡み狙うが決まらず。その後、ワンツーの応酬となるが、有効打無く、判定。引き分け。
延長戦、相手ワンツーを振ってくるがジャブ・ワンツー返しペースを作る。組んでから投げ、マウントをとる。判定勝ち。

稲田1
稲田2
稲田3

第81試合 対 キーナン・マイク選手(成田)
試合開始、ジャブの応酬から、首相撲で膝を受ける。組みから投げるが、上になられ、腕絡みを狙われる。ワンツーを入れるも組みから倒され、マウントをとられる。手技の攻防から組んで投げる。判定。引き分け。
延長戦、ジャブ・ミドルの応酬。組んで倒すが、左足道着を掴まれ返され、相手横四方。
ワンツーローに左ストレートを合わされる。組みから倒され、再度、相手横四方。後半打撃の攻防となりワンツー返すが、有効打無し。判定負け。

稲田VSキーナン
稲田2
稲田3

吉倉千秋選手
第34試合 対塩田さやか選手 アブダビチャンピオン
 相手選手サウスポーで強引に前へ出てタックルを狙ってくるため、回り込みながらの打撃で応酬するがどうしても下がり気味の展開となる。マウントポジションからの腕ひし十字固めをどうにかのがれ、打撃においては優位に展開するが、試合の主導権を奪われた形となり、0対4の判定負け。
吉倉VS塩田1
吉倉3
吉倉

第58試合 対 神山育美選手 日進支部
 相手選手は、細かく動き足が速かったものの強い打撃を一旦、とらえた後は終始優位な展開となり相手選手が打撃で膝に来る場面もあり、5対0の判定勝ち。

吉倉VS神山
吉倉VS神山2
吉倉VS神山3

第73試合 対 鶴岡愛美 江東支部
 1回戦で痛めを怪我を2回戦では悪化させなかったので試合を決めたが、相手選手が負傷により辞退したため、負傷判定勝ち。気合いの1勝です。

今村基宏選手
第37試合 対 永戸竜也選手 木町支部
終始、打撃で優勢に進めるも一瞬の隙をつかれ敗退となりました。

今村選手2
今村選手3
今村選手

お疲れさまでした。
又、来年頑張りましょう!


集合

11/9(水)のメニュー

シャドー3分×2
マット運動(ワニ,前・後転,開脚前・後転,倒立前・後転,側転,しぼり,エビ,逆エビ,横エビ)

足内外回し各30回,低空自転車こぎ前後各30回,ブリッジ30秒,カエル立ち30秒

グランドのフリー1分×3
首相撲1分×6

ミット3分×3

以上です。


11/8(火)後半

【20:30ー21:30】
◆シャドー 3分×1R
◆ミット  3分×4R
◆マススパー
・蹴りのみ      1分×3R  
・フリー(超ソフト) 1分×7R

【21:30ー22:30】
◇基本の動き
◇打ち込み
・腕十字(上下)
・三角
◇技練(下からの攻撃)
・片袖片襟からの十字
・三角の入りから極めまで
◇寝技スパー
・50%スパー  2分×4R
・通常スパー   2分×4R

11/8(火)前半

◆柔軟
◆シャドー
◆フリー・技研
  3分×10R

11・4

柔軟
シャドー3×3R
ミット3×4R
受け身、打ちこみ
立ち組み乱取り1×8R
グラップリングスパー2×7R

2011年11月5日(土)柔術クラス

2011年11月5日(土)柔術クラスの稽古をお知らせします。

○受け身、エビ
○乱取形式で投げ・受け身の練習×2(交互)
○掴んでからのテイクダウン、極めの練習×2(交互)
○テイクダウンの練習
○ガードポジションからの攻撃
もぐり、三角、腕ひし、オモプラッタ、絞め
○引き込みの練習(交互)
○打撃をかいくぐり、引き込んでスイープから極めの練習(交互)

                          以 上

2011年11月5日(土)第1部

2011年11月5日(土)第1部の稽古をお知らせします。

○準備運動
○基本(簡易版)
○移動(簡易版)
○シャドー2分×2
(休憩)
○対人シャドー1分×3
○マススパーリング1分×3(2ブロック)
○スパー2.0分×5(有志者)
(休憩)
○技研ミット3分交互×3
(休憩)
○打撃の技研30秒交互×4
○2人1組で首の筋トレ30秒×2
○2人1組で掴んでからの攻撃の練習×2
                 
              以 上

11/1(火)後半

【20:30ー21:30】
◆シャドー 3分×2R
◆ミット  3分×5R
◆マススパー
・左手左足      1分×3R   
・フリー(超ソフト) 1分×6R
・首相撲      30秒×5R
【21:30ー22:30】
◇基本の動き
◇打ち込み
・腕十字(上下)
◇寝技スパー
・50%スパー  2分×4R
・通常スパー   2分×6R

11/1(火)前半

◆柔軟
◆シャドー
◆フリー・技研
  3分×10R
プロフィール

daidoyokohama

Author:daidoyokohama
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。