スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年4月28日(土)柔術クラス

2012年4月28日(土)の柔術クラスの稽古をお知らせします。

○上から下の相手に対して、相手と自分の重心の位置関係を注意しながらのパスガード
○下から上からの動きにたいしての反応と体のつかいかたの練習
○下から上体が崩された場合の腰の位置の補正のしかた
(練習内容を文章にしきれません。う~ん)
                               以上
スポンサーサイト

2012年4月28日(土)ビジネスマン女子クラス

2012年4月28日(土)ビジネスマン女子クラスの稽古をお知らせします。

○準備運動
○基本~移動(簡易版)
○シャドー2分2
(休憩)
○対人シャドー1分×3
○マススパーリング1分×数ラウンド
○スパーリング2分×5ラウンドα
(休憩)
○技研3分(交互)×4
(休憩)
○打撃の技研数ラウンド
○体捌きで相手を転がす数種類の体の使い方の練習

               以上 

4月26日(木)2部

本日は雨であったからか、4名でスタートと若干の寂しさを感じましたが、最終的には8名になりました^^

●準備運動
●基本稽古(打撃手技、足技、受け身、マット運動、投げの打ち込み3種×10本、寝技の打ち込み4種×2本)
●課題約手
  ①ストッピングのみ
  ②ストッピング → ジャブ + 右ロー、
  ③ストッピング → ワンツー
  ④ストッピング → ライケン + 左膝 
  ⑤ストッピング → ライケン + 左膝 → 片手ロッコーからの崩し + 左膝
  ⑥パンチに対してライケン + 左膝(ジャブはパリー、右パンチに合わせてライケン)
  ⑦アトランダム(パンチにはライケン+左膝、回し蹴りにはストッピング)
  ⑧縦肘・刺す膝 左右各10本ずつ
  ⑨ストッピングをキャッチされた状態からの組み技(つかまれた足を外す練習)

今日は途中から2名参加者がいた為ミット持ちに空きが出来たので、私もミット持ちとして参加しました。

久し振りにミットをもって感じたのは、皆結構いい加減にやってるんだな、ということ(笑)

フォームだけでなく、距離、タイミングをしっかりと確認しながら丁寧に行わないとダメですよ!

稽古は量を重ねれば良いというものではありません。

時間が限られている中で、全体に1回1回の動きが雑なので、その点よくよく注意しましょう。

最後は技研3Rにて終了しました。

4月21日(土)2部

●準備運動、マット運動、打ち込み

●課題ミット
  ①ストッピングのみ
  ②ストッピング → ジャブ + 右ロー、
  ③ストッピング → ワンツー
  ④ストッピング → ライケン + 左膝 
  ⑤ストッピング → ライケン + 左膝 → 片手ロッコーからの崩し + 左膝
  ⑥パンチに対してライケン + 左膝(ジャブはパリー、右パンチに合わせてライケン)
  ⑦アトランダム(パンチにはライケン+左膝、回し蹴りにはストッピング)
  ⑧ライケンからの肘膝 左右×10本ずつ(一発一発丁寧に)
  ⑨ストッピングをキャッチされた状態からの組み技(つかまれた足を外す練習)

●シャドー×2R

●マス・スパー×5R プラス 好きな人と数R
  課題ミットをやった後にマススパーをやったら、I君が『すげ~疲れてつらいっス…』と泣き言が(笑)
  今時お金払ったってこんな追い込んでくれる人いねぇんだぞ、と叱りましたが、
  お金はもらってますね、俺(笑)
  全日本まであと少し、頑張っていきましょう! 

●組打3分×3R

●寝技は時間がないので行いませんでした。

最後は技研3Rにて終了しました。

ここにきて、だいぶ疲れが溜まってきたようですね^^;

まぁあと少しですから、気合入れていきましょう!!

2012年4月21日(土)の柔術クラス

2012年4月21日(土)の柔術クラスの稽古をお知らせします。

○受け身~エビ~ほかムービング
○打ち込み2種類+タックル
(休憩)
○カードポジションからの基本的攻撃
(休憩)
○重心に留意したパスガードの基本
(休憩)
○膝十字固め及びその防御
              以上

2012年4月21日(土)ビジネスマン女子クラス

2012年4月21日(土)ビジネスマン女子クラスの稽古をお知らせします。

○準備運動
○基本~移動(簡易版)
○シャドー2分2
(休憩)
○対人シャドー1分×3
○マススパーリング1分×数ラウンド
○スパーリング2分×5ラウンドα
(休憩)
○技研3分(交互)×4
(休憩)
○打撃の技研数ラウンド
○掴みからの攻撃の練習1分(交互)他×4

               以上 

4・20

柔軟
シャドー3×3R
ミット 3×4R
受け身、打ち込み
投げの研究
グラップリングスパー2・5×7R

4月12日(木)2部

●準備運動:横浜北式
●基本稽古:横浜北式(打撃手技、足技、受け身、マット運動、投げの打ち込み、寝技の打ち込み)
●課題約手:ストッピング系のミット
●技研3R

だいぶ皆ストッピング系のミットに慣れてきました。

今日注意した点は2点。

●失敗してもリセットしない
  時間がもったいないですよ!
  1回1回無駄にしないように、失敗しても膝や肘を出すところまで繋げましょう。
  反省はお暇な時にご自身で(笑)

●相手の反応を引き出す
  パンチにはライケン、回し蹴りにはストッピングのフリーの場合、
  パンチに対してライケンのみのフリーと比べると距離の取り方や
  プレッシャーの掛け方が変わります。
  というか、変えないと意味がない。
  その辺を良く考えて、こちらの意図通りに相手が動くように誘導する、という意識を持ちましょう。

2012年4月9日(月)20:30の稽古

電車遅延のため若干スタートが遅れてしまいました。

・ストレッチ&シャドー
・約束組手(胴をつけた相手が前進してくるのをストッピングで止めての受け返し)
     (相手のジャブ、ワンツー、回し蹴りを処理してライケン+膝蹴り)
・技研  (ワンツーについて)

4月7日(土)2部

本日も、前の仕事が押してしまい、19時半に到着だったので、
I君にお願いして、先に準備運動、マット運動、打ち込み、シャドー×2Rをやっておいてもらいました。

●課題約手
  ①ストッピングのみ
  ②ストッピング → ジャブ + 右ロー、
  ③ストッピング → ワンツー
  ④ストッピング → ライケン + 左膝 
  ⑤ストッピング → ライケン + 左膝 → 片手ロッコーからの崩し + 左膝
  ⑥パンチに対してライケン + 左膝(ジャブはパリー、右パンチに合わせてライケン)
  ⑦アトランダム(パンチにはライケン+左膝、回し蹴りにはストッピング)
  ⑧ライケンからの肘膝 左右×10本ずつ(一発一発丁寧に)
  ⑨ストッピングをキャッチされた状態からの組み技(つかまれた足を外す練習)

今日は以下の点に気をつけて行いました。
  ◆ライケンからの片手ロッコ-は、出来れば左右どちらにも出来るようにする
  ◆ライケンからに左肘打ちは、相手の左袖をつかんで捌いてから(サイドに移動して)行う
  ◆アトランダムにやる時は、失敗してもリセットしない ※ 重要
    例1:ストッピングのスタートが遅くて間に合わなければ、カウンターの膝に移行
    例2:ストッピングのスタートが遅くて間に合わなければ、ライケン → 膝に移行 など

●マス・スパー×7R
  
●組打3分×3R

●寝技上下各1.5分×3R
  上、下其々からどのように動くことが要求されているのか、しっかり考えながら行うよう指導しました。
  ベースを作ってからどのように足を越えるのか、下からの動きを基本通りに相手を揺さぶりながら行えるか、
  各々チェックしながら行いました。  

●マウント効果30秒×2R

最後は  
●技研2R
にて終了しました。

本戦までまだ間がありますので今はまだ質より量の稽古ですから疲れも溜まると思いますが、
ここを耐えれば稽古より試合の方が楽だと気がつくはずです。

また、こういう時期こそ落ち着いて基本動作の反復を行っておくといいと思います。

いずれにせよ、来週あたりからボチボチ試合用の稽古にシフトしていきますから、
身体のメンテナンスをしっかりして、試合用の稽古に臨みましょう。

4月5日(木)2部

今日は前の仕事が押してしまい、遅刻してしまいました…。

が、準備体操から基本稽古の途中までbad君がやってくれたので、とっても助かりました^^

●準備運動
●基本稽古(打撃手技、足技、受け身、マット運動、投げの打ち込み、寝技の打ち込み)
●課題約手
  ①ストッピングのみ
  ②ストッピング → ジャブ + 右ロー、
  ③ストッピング → ワンツー
  ④ストッピング → ライケン + 左膝 
  ⑤ストッピング → ライケン + 左膝 → 片手ロッコーからの崩し + 左膝
  ⑥パンチに対してライケン + 左膝(ジャブはパリー、右パンチに合わせてライケン)
  ⑦アトランダム(パンチにはライケン+左膝、回し蹴りにはストッピング)
  ⑧縦肘・刺す膝 左右各10本ずつ
  ⑨ストッピングをキャッチされた状態からの組み技(つかまれた足を外す練習)

今日は基本稽古の時の【寝技打ち込み:下から四種】が上手く出来ない人が多かったので、
課題約手後にレクチャーしました。

私もそうですが、特に格闘空手時代の入門者はどうしても打撃にこだわってしまいます。

しかし、打撃系総合武道に衣替えして早12年(干支一周しちゃったよ!)。

せめて下からの基本的な動きは出来るようにしておかないと、不味いですね^^;

自分の中で総合武道として完成できるように、しっかり身につけましょう。

最後は  
●技研2R
にて終了しました。

4・1支部審査会

2012年4月1日日曜日、横浜北支部におきまして、審査会が行われました。
対象は4級以下の方です。

基本稽古
SANY0031.jpg

投げ技基本稽古
SANY0042.jpg
SANY0047.jpg

寝技基本稽古
SANY0049.jpg

移動稽古
SANY0064.jpg

マススパーリング
SANY0089.jpg


その後、試合形式での審査が行われました。
田口さんVS服部さん
SANY0100.jpg

石川さんVS神保さん
SANY0104.jpg

木村さんVS山口さん
SANY0113.jpg

坂部君VS鈴木宙君
SANY0116.jpg

山口君VS松村君
SANY0122.jpg


受験された皆さん、お疲れ様でした。
また各々、次の目標に向かって稽古に励みましょう!

2012 北斗旗体力別関東予選

2012 北斗旗体力別関東予選 
於:台東リバーサイドスポーツセンター 3月20日



UP1
試合前のアップです。
気合いが入っています。
UP2
UP3
UP4

交流戦
【一般黄色帯の部】
 服部晶洸選手
第1試合 対 戸倉隆太選手 (大宮西)
 前半は打撃の攻防が続き、後半入り徐々に的確にパンチを当て文句なしの判定勝利。
服部選手
第2試合 対 安倍選手 (成田)
 突進してフックを振り回してくる相手に、下がりながらもパンチを当て、コーナーに詰まった際には回り込んで体制を立て直すも、下がりながらの正確な打撃より突進する相手方が優位に判断され判定負け。
服部選手2

【女子の部】
 吉倉千秋選手
第7試合 対 鶴岡愛美選手 (江東)
突進してくる相手に細かくパンチを当て、寝技の攻防の際には下から三角締めを狙うが寝技の時間終了。その後も同様の攻防が続くが、相手の右フックを1回もらい延長戦に突入。延長戦でも本戦と同様の展開が続き、やはりもらった右フックを審判が評価し判定負け。
吉倉選手2

第26試合 対 諏訪千晶選手 (江東)
1回戦の反省を踏まえ、先に手を出していくが相手にも研究され右ストレートが的確に当たらず5分の打ち合いに持ち込まれ本線は引き分け。延長に入り右ストレートをフェイントに切り替え左フックからのパンチの連弾切り替えたことで、打撃の攻防を制して判定勝ち。
吉倉選手1
決勝戦  対 作田選手 (草加)
右ストレートに対し即時右に回り、腰投げには体を入れ替えて対応してくる相手に、左ストレートから細かいパンチの連打、外掛け系の投げに切り替え対応。終始優位に試合を運び判定勝ち。吉倉選手3

優勝おめでとうございます

軽量級
加藤俊彦選手
第1試合 対 佐久間僚選手(川崎)
序盤から相手打撃、全て見切り、試合をコントロール。
掴みからの頭突き等、多彩な攻め。優勢勝ち。
加藤選手
第11試合 対 宮田康平選手 (早稲田)
好調を維持し、危なげなく打撃、投げで優勢に試合をすすめる。
優勢勝ち
加藤選手2
準決勝 対 渡辺慎二選手(浦和)
危なげなく試合をすすめるもいきなりの右ストレートで有効。判定負け
加藤選手3
準決勝進出 おめでとうございます



漆館宗太選手
第2試合 対 宮田康平選手 (早稲田)
開始早々、打撃で優勢に立つも、投げの打ち合いで下になってしまう。印象が悪く判定に響く。判定負け。
漆館選手1
第12試合 対 渡辺慎二選手(浦和) 
打撃、組討とも本線は互角に展開。延長に入り、相手疲れが見えており攻勢を強めようとしたところ、マウントで効果を取られる。足首を捻挫し、有効ポイントを与え判定負け。

漆館選手2

中量級
山下正和選手
第9試合 対 嶋田昌宏選手(成田)
打撃から組み打ちを狙うも場外際が多く、なかなか自分の形に持ち込めない。ペースを掴めないまま、バックハンドがあたり、ダメージが全くなくも効果を取られてしまい、判定負け
山下選手

田村理一選手
第1回戦 序盤から距離の取り合いで得意の長い間合いを潰されるも、後半右ハイキックを当てるが効果に至らず。寝技の攻防でマウントボジションを奪われるが効果ポイントを取られなかったが、全般的に押され判定負け。
田村選手


堀江裕一選手
第13試合 対 篠木隆一郎(新宿)
間合いを詰めてくる相手に下がりながらもワンツーアッパーの連弾を再三浴びせ効果取得。寝技も攻め続け相手を圧倒し、判定勝ち。
堀江選手

第29試合 対 山本峰雄選手 (行徳)
 序盤から打ち合いから組み合いが続く展開。その中でアッパーを効果的に当て、組み技も優勢を保ち文句なし判定勝ち。堀江選手2

準決勝 対 内田淳一 (総本部)
 接近戦を望む相手に先にパンチを当て中盤ではカウンターの膝蹴りで相手に利かせることに成功するが、相手の渾身のダイビングヘッドバットを貰い効果を奪われる。善戦するも判定負け。
準決勝進出おめでとうございます

堀江選手3



今村基宏選手
第8試合 対 林 超選手 (総本部)
序盤からムエタイスタイルで相手を翻弄、パンチ、肘で圧倒し、判定勝ち。
今村選手1


第16試合 対 対戦相手不明
危なげない試合運びで、打撃で圧倒。判定勝ち
今村選手2

準決勝 対 須磨崎真選手 (水道橋)
相手は、元他流で参戦していた強豪。打撃も勿論強く、柔術のベースもあり。苦戦も予想されたが打撃でコントロールし判定勝ち
今村選手3

決勝戦
VS 内田選手(総本部)
総本部、内弟子の強豪、内田選手との対戦となる。
試合開始早々に今村選手のミドルキックをキャッチして、グラウンドの展開となる。
相手はニーオンの体勢に持ち込もうとするが、今村選手はガードポジションに戻して、下から打撃を当てていく。
1回目の寝技はこの状態で30秒経過する。
再度立ち技からの展開となる。
立ち技では、お互いに攻撃をし合い、互角の状態が続く。
組の状態からグラウンドに移行して、相手選手にニーオンからの決め突きで効果を奪われる。
再度、立ち技からの展開となるが、組打ちで頭突きの連打にて有効を奪われる。
判定負け。準優勝
今村選手4
準優勝 おめでとうございます

軽重量級
⑤荒井省司選手
第13試合 対 篠原慶太選手(草加)
久々の復帰戦。左手を痛めているのか、左のリードが出ない。いきなりの右も距離感が掴みにくいようでヒットしない。有効な打撃ももらわなかったが相手側に全体的な攻勢点が入り、判定負け。
荒井選手

野田洋正選手
第16試合 対 土井健太郎 選手(渋谷)
試合開始から相手をコントロール。全く危なげなく、判定勝ち。
野田選手1
第31試合 対 村木雅也選手 (新潟)
この試合も安定した展開。完全に相手を見切り、判定勝ち。
野田選手2
準決勝 対 魚津礼一選手(八王子)
相手は前年の準優勝者。拮抗した打撃の展開で進むも、一瞬の油断で効果を取られ判定負け。
野田選手3

【軽重量級】
野田選手(横浜北) VS 鈴木選手(府中)
野田選手は準決勝で魚津選手(八王子)に敗れたが、魚津選手が棄権の為、相手選手に効果一を取られた
状態からの試合開始となる。
相手選手のフィジカルが非常に高くコーナーに詰められ、打撃ラッシュにて効果を取られてしまう。
その後は、相手選手が出てくる所を前蹴りにてストッピングするが、途中フィジカルを活かして強引に
ラッシュされ、そのまま寝技へ移行する。
野田選手はガードポジションの状態から、コツコツと打撃を当てていき30秒経過となる。
立ち技の展開から、お互いに打撃を当てる攻防となり、片足を取られグラウンドへ移行する。
野田選手が下の状態でハーフガードの展開となるが、粘り30秒経過。
その後は、野田選手がタックルを仕掛けるが、相手選手の力が強く切られてしまう。
判定負け。3位入賞おめでとうございます
野田選手4

藤澤雄司選手
第16試合 対 大西選手(練馬)
対戦相手は伝統派の有段者。
試合をとおしてカウンターの連打で相手を利かせ、場外際では膝蹴り、アッパーを決め相手をコントロールし続け、判定勝ち。
藤澤選手

第31試合 対 鈴木選手 (府中)
出てくる相手にカウンターを当て打撃の攻防は優位に展開するも、場外で放ったハイキックが「止め」のあとだったため反則を取られる。寝技においてもマウントポジションから効果を取られ、引き分け。延長でも打撃の攻防は圧倒するが効果を取られたことが響き判定負け。
藤澤選手2

【重量級】
 稲田卓也選手
第5試合 対 水戸部隆弘選手 (吉祥寺)
 しばらく互いに様子見が続くが、パンチがあたりだし相手が反撃してくるも判定勝ち。
稲田選手

第18試合 対 長嶋竜司選手 (府中)
 パンチから投げ、マウントポジションを奪い十字固めを決め快勝。
稲田選手2

準決勝  対 大川純也選手 (チームブラック)
 相手方の負傷により負傷判定勝ち。

決勝   対 阿部選手(新潟)
強豪、阿部選手との対戦となる。試合開始直後から稲田選手のトリッキーな動きが始まる。
ローキックの攻防から組打となり、お互いに互角の展開となる。
再度、立ち技の攻防にて稲田選手のローキックが相手選手の金的に入ってしまい、反則1を取られてしまう。
試合再開後、数回稲田選手がローキックを決めるが、そのローキックをキャッチされ寝技に移行する。
サイドポジションを取られた状態の寝技となるが、がっちりガードを固めて、それ以上不利な状態にさせない。
そのまま寝技30秒が終了する。
立ち技の展開にて稲田選手のジャブから再度、組打ちの状態となるが、これも互角の展開となる。
ここで稲田選手はトリッキーな動きにて、相手選手を動揺させようとする。
打撃、組打ち共に互角の展開のまま試合終了となる。反則1が悔やまれる結果となった。
判定負け。準優勝おめでとうございます
稲田選手4

番外編
サンボアカデミーの大川さんが参戦されました。
恐ろしい切れ味!
お疲れさまでした。
大川選手2


【結果】
女子部 優勝    吉倉選手
軽量級 準決勝進出 加藤選手
中量級 準決勝進出 堀江選手
中量級 準優勝   今村選手
軽重量級 3位   野田選手
重量級 準優勝   稲田選手

おめでとうございます。
入賞者


又、今大会では選手の皆さんの頑張りによって総合成績一位で表彰されました。

賞状

集合

そして「宴」です
打上げ


スイマセン、支部長、写真を勝手に使ってしまいました。

本戦も皆さん、頑張ってください!

2012年3月31日(土)2部

本日は、前の仕事が押してしまい、19時半に到着だったので、
I君にお願いして、先に準備運動、マット運動、打ち込み、シャドー×2Rをやっておいてもらいました。

●マス・スパー×6R
  今日はF君がH君にお願いをして、マス・スパーを動画で撮影しました。

  こういう、自分を俯瞰して観る自分、というのは、自分の動きを客観化する上で重要です。
  興奮に任せてただスパーを繰り返すのは、上達のスピードを著しく低下させますから。
  
  『夜書いたラブレターは、翌朝読み返せ』

  自分がスパーでやりたいこと、やったことをPDCA【plan(計画)-do(実行)-check(評価)-act(改
  善)】サイクルに乗せ、4段階を1周したら最後のActを次のplanにつなげ、螺旋を描くように1周毎に
  spiral upさせて、継続的に技術を改善する。

  doとcheckはやりましたから、来週までにactとplanを期待します。
  
  今後も定期的に動画を撮っていきたいと思います。 

●組打3分×3R

●寝技上下各1.5分×3R

●課題約手
  ①ストッピングのみ
  ②ストッピング → ジャブ + 右ロー、
  ③ストッピング → ワンツー
  ④ストッピング → ライケン + 左膝 
  ⑤ストッピング → ライケン + 左膝 → 片手ロッコーからの崩し + 左膝
  ⑥パンチに対してライケン + 左膝(ジャブはパリー、右パンチに合わせてライケン)
  ⑦アトランダム(パンチにはライケン+左膝、回し蹴りにはストッピング)
  ⑧ライケンからの肘膝 左右×10本ずつ(一発一発丁寧に)
  ⑨ストッピングをキャッチされた状態からの組み技(つかまれた足を外す練習)

今日は以下の点に気をつけて行いました。
  ◆ライケンの時に袖をつかまない(肩から上腕の辺りを抑えるようにする=つかむと殴られるよ笑)
  ◆片手ロッコ-からの崩しは瞬間的に(よ~いしょ!と崩すさない)
  ◆アトランダムにやる時は、失敗してもリセットしない
    例1:ストッピングのスタートが遅くて間に合わなければ、カウンターの膝に移行
    例2:ストッピングのスタートが遅くて間に合わなければ、ライケン → 膝に移行 など

最後は  
●技研1R
にて終了しました。
プロフィール

daidoyokohama

Author:daidoyokohama
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。