スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012北斗旗無差別関東予選

2012年 北斗旗無差別関東予選
           於 中央区立総合体育館 9月23日

As-大道塾関東予選



横浜北より、稲田選手、野田選手、山下選手、高橋選手、今村選手、吉倉選手の6名が参戦しし熱戦を繰り広げました。

それではまずトーナメント表をどうぞ!

先ずは男子

A関東予選トーナメント表


女子

A関東大会トーナメント表2


それでは戦評です。


●女子の部
<吉倉千秋選手×作田選手(草加)>
1戦目、吉倉選手は作田選手との対戦。過去にも何度も対戦経験があるのでお互いに慎重な出だし。徐々に吉倉選手のジャブや前蹴り、ストッピングが当たるなか、相手選手の攻撃はほとんど決まらずに本戦終了となる。明確なポイントはなかったが、吉倉選手の本戦判定勝ち。

s-吉倉選手_1試合目

<吉倉選手×西川選手(新潟)>
スピードがあり細かく動く西川選手に対し、吉倉選手は1回戦同様上からプレッシャーをかけ、ストッピングで突き放し、焦って中に入ってくると冷静に相手を組みとめ、どの局面でも的確に自分の攻撃を終える。西川選手にほぼ何もさせず、文句なしの判定勝ち。

s-吉倉選手_2試合目


<吉倉選手×前原選手(北本)>
決勝戦、吉倉選手の対戦相手は全日本三連覇の前原選手。お互いに組技が得意なためか、序盤より若干の打撃の交錯からすぐに組技の展開。しかし、相手選手との体力指数差が20あったため、流れで入ってしまった組技からのパンチ、肘打ちが反則に…。その後、少し動きが荒くなった吉倉選手に対して更に前原選手が左ストレートで効果ポイントを奪取、本戦にて惜しくも判定負け。

As-吉倉選手_決勝


最強の横浜応援団!
応援最高なれど品悪し!伝統か?
あっ、るいさんもお行儀悪し


s-大道塾北支部応援団

いつも怖い支部長たち
今日は真面目そうです


s-大道塾審判会議

それでは男子です

<高橋辰佳選手×鈴木選手(府中)>
高橋選手は、鈴木選手との対戦となった。鈴木選手は打撃の当て勘の良い選手であり、好カードと予想される。日拳仕込みの突きから高橋選手、試合を有利に進めたいところであるが、中盤、鈴木選手のパンチを上段にもらい効果を奪われる。後半逆転を狙い、得意のテイクダウンを狙いにいくが、鈴木選手も腰が重く逆に裏投げ等を繰り出していく。
ポイントを逆転することができず、高橋選手判定負けとなる。


As-高橋選手_1試合目


<山下正和選手×BAE-SUNG-BUM選手(韓国・テグ)>
1回戦、打撃の交錯から組技の展開が何度かあった中、相手選手の掴みからのパンチが山下選手の後頭部に入るアクシデントがあり反則ポイントが入るが、終盤に相手の左フックにより効果ポイントがついてしまい、引き分けにて延長戦へ。延長戦では山下選手のジャブと相手選手の左フックの対決となるが、中盤に相手の左フックで効果ポイントを取られてしまう。後半、組技や寝技で山下選手が押していく展開となりますが、追加のポイントが取れずに判定で敗退。

As-山下選手_1試合目


<今村基弘選手×染野選手(渋谷)>
今村選手一回戦、まだ硬さが取れなく、相手との距離がイマイチ合っていなかったが、ゆっくりと近寄るスタイルでローキック、パンチ等の打撃で攻め込み、組んでも有利な体制でヒジ打ちなどで攻め続け、判定で危なげなく快勝する。

As-今村選手_1試合目


<今村選手×志賀選手(八王子)>
2回戦、パンチで攻めてくる相手に対して、今村選手はさばきながら、近距離でのヒジ・ヒザなどを的確に決めポイントを稼ぐ。組んでも寝技で終始圧倒し上を取っていく。判定5-0で文句なしの快勝を収める。

As-今村選手_2試合目


<今村選手×鈴木選手(府中)>
3回戦、相手は負傷していたのか本調子ではない様子。サウスポーの鈴木選手に対し右ミドルで先制し、確実に展開をリードする。さらに終盤、(スタミナが切れたのか)動きの鈍る鈴木選手に右ストレートのカウンターをきめるなど、階級差を感じさせない戦いで文句なしの判定勝ちを収める。

As-今村選手_3試合目


<今村選手×中村選手(水道橋)>
準決勝。最近急激な成長をみせる中村選手に対し、ムエタイスタイルもだいぶ板についてきた今村選手。前蹴りを効果的に入れたり、ボディパンチやハイキックを入れたりするも、相手の素早い踏み込みからのパンチや、キレのある投げに対応しきれず、健闘するが惜しくも判定で敗退。3位入賞。

As-今村選手_4試合目


<野田洋正選手×篠原選手(草加)>
1回戦、どちらも様子見といった出だし。けん制のジャブやローを野田選手繰り出す。試合展開では大きな山場はなく本線終了となる。
野田選手のローとパンチのポイントと思われる判定勝ち。

As-野田選手_1試合目


<野田選手×キム選手(韓国)>
2回戦、野田選手、キム選手との戦いである。ローキックとワンツーを基本に野田選手攻めて行く。相手選手のフック系のパンチが威力がありそうで、多少ヒヤっとする場面もあったが、判定勝ちで3回戦へ進出する。

As-野田選手_2試合目


<野田選手×水戸部選手(吉祥寺)>
3回戦は吉祥寺の水戸部選手との対戦、本線、野田選手もローキックなどで攻めるが、相手も左右パンチ、キックを繰り出し、判定引き分けとなる。延長戦となってからは、前半から入っていたローが後半に効いてきたこともあり、相手のスタミナ切れし手数が減ったところを野田選手が見逃さずワンツーを入れる。得意の寝技でも果敢に攻め有利に試合を運ぶ。
延長戦で判定勝ちし準決勝に進出する。準決勝は、VS稲田選手。

As-野田選手_3試合目

As-野田選手_4試合目


<稲田卓也選手×沖見選手(千葉市)>
稲田選手は一回戦から、超重量級の古豪沖見選手との対戦となった。
試合開始から、沖見選手、巨体を利して前に出ようとするが、稲田選手も打撃の間合いに入らせない。序盤は稲田選手硬さがみられたが、徐々に左ジャブ、右ロー等の打撃を当てていく。ポイントは上げられなかったが、旗判定となり、本線で稲田選手の勝ちとなった。
次戦では、前に出ての左右パンチ、ミドル等を繋げたいところである。

As-稲田選手_1試合目


<稲田選手×前田選手(大宮)>
二回戦は、数知れず対戦している大宮の前田選手との戦いである。前田選手は一回戦得意のハイキックで1本勝ちと好調に勝ち進んできた。手の内を知り合っており、序盤見合う場面も多かったが、稲田選手、硬さがとれてきて連打がでてくる。中盤には、ワンツーから蹴りのコンビネーションで場外際へ押していく場面も見られ、有利に進めていく。
判定で勝利を収め駒を進める。

As-稲田選手_2試合目


<稲田選手×加藤選手(吉祥寺)>
三回戦は、安定した打撃力をもつ加藤選手との戦いとなった。序盤の出だし、加藤選手のステップインからのパンチで稲田選手攻め込まれる。ヒヤリとした場面であったが、ここで闘争心に火がついたか攻めに転じていく。左の早いジャブを突破口として、稲田選手打撃を当てていき、組みにおいても投げから有利な体制を占めていく。今回の大会での勝負どころを試合終了まで攻め抜き、勝利を収める。

As-稲田選手_3試合目


<稲田選手×野田選手>
準決勝は、横浜北同士の同門対決となった。パンチ、ハイキック等で積極的に攻めていく野田選手に対し、ガードしながら、稲田選手攻めの機会をうかがっていく。中盤から稲田選手、ジャブからの右ローをヒットさせていく。野田選手前試合まで執念の攻めをみせており、この試合も終盤リカバリーを狙うが、ローキックのダメージを受ける。
稲田選手ポイントを奪い、決勝に上がる。野田選手は4位入賞。

As-稲田選手_4試合目


<稲田選手×中村選手(水道橋)>
決勝は、軽量級で活躍する水道橋の中村選手との対決となった。今大会も中村選手、素早い打撃、タイミングの良い背負い投げで勝ち進んできており好調の様である。対する稲田選手、この決勝戦においては、リーチを生かした構えより、左ジャブからのコンビネーションを当てていきふっ切れた戦いを見せる。組合ってからも投げで上をとっていく。
中村選手もステップインして、距離を詰めた打撃を狙っていくが、稲田選手の防御に阻まれる。終盤まで集中力を切らさず稲田選手、文句なく優勝を勝ち取る。

As-稲田選手_決勝


  関東予選入賞者

As-大道塾関東予選入賞者


                     支部長総評

ここ数年横浜北支部は無差別予選の時の成績がいまいちでしたが、今回の大会では久し振りに上位を独占する結果となりました。
選手は皆よく頑張りました。
勝った試合、負けた試合、ともに自分の課題が明確になったのではないかと思います。
大きな怪我もありませんでしたのですぐに本戦に向けてリスタート、結果に慢心することなくより一層精進していきましょう!
横浜北支部支部長 青木伊之
スポンサーサイト

9・21

柔軟
シャドー 3×2R
ミット 3×4R
ディフェンス 1×3R
受け身
寝技技研
グランドスパー 2×2R

第3回江東支部交流大会

9月17日に、第3回江東支部交流大会が開催されました。
今回は、過去最高の102名の参加を集め、技術レベルも高く、大変盛り上がりました。
組み合わせは、1人最低でも2試合以上は経験できるように考慮されていました。
そのため、参加者の誰もが、1日の大半において緊張を持続しなければならないという、貴重な経験をすることが出来ました。
今大会には、我らが横浜北支部、横浜教室からは7人の出場です。
早速、以下にてレポートいたします。
ルール説明


山口選手
初戦、セコンドに付いた、お父さんの声に後押しされ、試合序盤から積極的に前に出る。
中段蹴りに加え、首相撲から膝へ繋ぐなど、日頃の練習成果が現れていた。
しかし、効果的なポイントで、相手を凌駕し切れなかったのが残念。
知隼_初戦


2試合目は、試合前に支部長先生からレクチャーを受けた、「パンチから蹴りの繋ぎ」を意識して、序盤からその通りの展開に。
ただ、なかなか効果的なポイントになる決め手に繋がらず試合終了。
しかし、今回の大会で、今後、知隼選手が必殺技を作るうえで、基準になるものが見えたかな感がある内容だった。今日は、とっても元気ハツラツとした試合だった。お父さんと一緒に、今後も稽古をコツコツ頑張って続けてね。知隼_2試合目


松村選手
初戦、積極的に前に出て行く姿勢で、試合を進めていく。
高いキックも出ていたが、一発一発の確実性で、徐々に相手が上回り始める。
有利に試合全般を進めた相手に軍配があがる。
惜しい!
松村_初戦

2試合目は、事前に支部長先生から受けたアドバイスの通りの展開で進んでいく。
パンチから蹴りをノビノビと打っていく姿に、これまでの松村選手の姿から少しずつ脱皮し始めているのを感じた。
試合後の判定時に、横浜北支部関係者の「おー」と、天を仰ぐとも、ため息ともつかない反応が、松村選手の成長と善戦の裏付けでもあると感じた。
これからも一生懸命稽古を続けていこう!!
松村_2試合目


坂部選手
初戦は、開始直後からハイペースで飛ばし圧倒。終始、相手を下がらせる展開が続く。
試合中盤から、パンチと蹴りが確実にヒットし、効果を連取。
今回は、気持ちが凄くノッてる感じだった。
坂部_初戦

2試合目は、序盤、膠着状態が続くが、我慢比べの中でも、得意な蹴りを入れ続ける。
中盤に入り、その蹴りの効果が出始め、試合を有利に進める展開になる。
ここ最近の試合で、「不必要な反則」「試合中の気落ち」など見らたが、この試合の我慢の時間帯を乗り越えたことで、壁を突破した感あり!
試合後に、支部長先生から、「パンチから蹴りの繋ぎ」のアドバイスを受け、決選に向け、本人もヤル気満々!
坂部_2試合目

3試合目は、4人総当たりの最終戦=決勝戦。
文句なく勝利。そして優勝!
試合前に支部長先生から受けたアドバイスの効果がテキメン!!
久々に、試合後の本人の弾ける笑顔を見た。お母さんも、おめでとう!!
坂部_3試合目


鈴木 宙選手
初戦は、序盤から、蹴りを休みなく繰り出す。しかし、相手の方が若干、一発一発のインパクト(大きな動き)と、技のスムーズさで上回る展開になる。
廻る動きは、出来つつあるが、そこからの、スムーズな繋ぎとインパクトのある攻撃が課題か。
宙_初戦

2試合目は、帯上相手。相手の方が、一枚も二枚も上手。
序盤から劣勢が続き、下がりながらの攻防の中、もらいたく無いハイキックを頂く。
自分の蹴りの後、ガードが下がっている。恐らく相手の蹴りは全く見えて無いはず。完敗だね。
宙_2試合目

3試合目は最終戦。支部長先生からのアドバイス(パンチから蹴りの繋ぎ)を頂き、必勝を期して臨むも、残念ながら3敗目。
試合前からの課題が、まだ改善途上だったこともあり、次戦以降に期待したい。
試合後、泣きそうだったらしいが、彼は簡単には泣かない。たまには、悔し涙を流しても良いんだぞ。と言うより、悔しかったら泣け!
宙_3試合目


久我選手
初戦から実力者相手の対戦となり、苦戦が予想された。
試合開始直後、いきなり連続してポイントを効果的に奪われてしまい、ややビックリ気味になる。
それでも最後まで諦めることなく、アタックする意思を見せるが、逆に相手に上手くコントロールされてしまった。
ボディーにダメージを残したまま試合終了となった点が気がかり。

2試合目は、更に難敵。吉祥寺支部の実力者で、攻撃も多彩な相手。
初戦でのボディーへのダメージが良くなかったのか、やや一方的な試合展開になってしまった。
更に手も負傷し終了。
匡輝選手は、とても気になる子。そごう教室では最年長で帯最上位。もうちょっとお兄ちゃん目線で、皆を引っ張るくらいの自覚を持ってくれると、試合内容も変わってくるのかな。そごう教室で、何か役割を与えたら化けるかな。
匡輝


鈴木 慧選手
初戦は、体重差20kg超。案の定、プレッシャーを受ける展開からスタート。
試合中盤、蹴りをキャッチから、足払い気味に倒し、極めるもポイントにならず。続く攻防から、グラウンドでクローズされるが、それをしっかり外しマウントを取り効果寸前までいくが、その時点で時間切れ。効果奪取に至らず。
その後、一進一退の展開が続くが、試合全般的に相手が前に出る時間が長く、判定負け。
スタミナは要課題。ただ、体格差を消す戦いを覚えつつあるのは収穫。
慧_初戦

2試合目。これに勝たなければ、他力本願ながらも5角形トーナメントの次に進めない。
初戦で痛めた足を庇いながらの展開になるが、徹底的にローキックを蹴り込まれた。
徐々にポイントを奪われるが、逆にローキック一発で蹴り倒し効果奪取!これ迄であれば、ズルズル後退してしまう様な展開で、ポイントを奪い返すあたりは成長の証か!?
ただ終盤、ガードが下がったところにハイキック一発をくらい万事休す。
最後は、痛めた足が持たなくなったタイミングで試合終了。
課題が残るも、自信に繋がる試合だったと思う。さっさと負傷箇所を治して、八王子大会に向けて再スタートを切れ!!
慧_2試合目


吉澤選手
ワンマッチ×2本の初戦の対戦相手は、昨年の全日本2位の実力者。指数差30弱もある相手。体格を利して前に出て来る相手に対して、思うように距離が詰められない展開が続く。
中盤、ローを中心に組み立て直そうとするが、互いに良い距離なのか膠着する。
判定は、序盤の攻防で有利に進めた相手に。
足を痛め、次戦での心配を残した。
こうし_初戦

2試合目は、慧選手の初戦の相手。身体指数も互角の相手になったが、ローキックを主体に前にガンガン出てくる相手を、逆に徐々にコントロール。
前には出てこられるが、冷静に裁いている印象が強かった。
投げも連続して決まり、相手も困り始めた感が出てきたところで、試合終了。
ワンマッチ(U16 Ⅱ部)勝利者決定!おめでとう!!
初戦で痛めた足を悪化させ、続く初戦の相手とのワンマッチ再戦は棄権。
全日本に向け、早い回復を!!
こうし_2試合目






関東地区サマーキャンプ・レポート ~大変遅ればせながらm(_ _)m~

8月4日、5日の2日間の日程で、大道塾関東地区サマーキャンプが、開催されました。
 初日の稽古は、昨年同様4班に分かれて整列し、準備運動、基本稽古へと進んでいきました。稽古が進むにつれ広い武道場が、どんどん熱を帯びていくのを感じました(…単純に暑かったという意見もありますが…)。
 基本稽古が終わると、始めの4班から、更に基本組と応用組という、個人の能力や希望に沿った形での稽古
(講座)体制へ移行していきました。ホントにこの体制は、ありがたいです。それだけに参加者の目は鋭く輝き、一瞬たりとも見逃すまいとする姿勢に満ち溢れていました。
稽古1

 そうしているうちに、初日最後のメニューである、打撃系のマススパー×10Rに突入しました。私は、最後の最後でオーストラリア陸軍元特殊部隊隊員に当たってしまい、彼のデカさに閉口…。でも、ちゃんとミドルと、インローから後ろ蹴りを当てておきました(えっ!?それだけ?)。
 この様な充実した数時間を過ごし、初日の稽古は終了しました。

 夜は、北支部有志(志があったかどうかは不明…線香花火で占った人が約〇名)で花火大会!
花火

 2日目は、恒例の早朝ランニングから始まり…あれれ、私が引率してきたはずの将来の北支部の星2名の姿が無い…途中、T先輩との談笑?を挟みながら無事終了。ちなみに星2名は、若干の寝坊で、約1周遅れのスタート。びっくりしたのは、なぜかビーチサンダルで快走するYさん。あっという間に姿が見えなくなり、余裕のゴール。
 その後は、シャワーをさっと浴びて、朝食までの間、チョイ寝。これぞ合宿!
 朝食を挟み、最後の稽古に突入です。
 流れ的には初日と変わりませんが、私の所属する班の講座が打撃系に変わり、スパーが寝技に変わりました。ここでも初日同様の参加者の熱視線を感じる事が出来ました。
稽古2
稽古3

 私はと言うと、初日に捻ってしまった箇所の影響で足が上がらず、基本稽古途中でリタイヤすることとなり、この熱き流れから離れる羽目になってしまいました。
 そのため、審査会スパーのご指名を頂いたにも関わらず…本当にすみません。
 この2日目で印象深かったのは、審査会が進む中でも武道場のあちこちで、北斗旗出場者や全日本クラスの方々が中心に集まり、技の確認やスパーが行われていたことです。普段では見る事が出来ない、とても豪華な顔ぶれで「これぞ合宿!」という光景でした。
 あっという間の2日間でしたが、代え難い貴重な時間を過ごすことが出来ました。

2012年9月15日(土)柔術クラス

2012年9月15日(土)柔術クラスの内容

○基本
 受け身等、打ち込み、ムービング

(休憩)
○定型打ち込み
 ガードポジションからの攻撃
○寝技の約束スパー
 ムービング主体のマススパー
 ポジションキープ主体のマススパー
(休憩)
○技研数ラウンド
○スパーリング 先に帰ったので不明
              以上

2012年9月15日(土)ビジネスマン女子クラス

2012年9月15日(土)ビジネスマン女子クラスの稽古をお知らせします。

○準備運動
○基本
○シャドー2分*2R
(休憩)
○対人シャドー1分×3
○マススパーリング1分×3ラウンド
○ライトスパーリング2分*5ラウンド
○ライトスパーリング1分半*数ラウンド
(皆スパーリングをやめませんでした)
(希望者のみ)
(休憩)
○技研等々
○受け身稽古
               以上 

2012年9月8日(土)柔術クラス

2012年9月8日(土)柔術クラスの内容

○基本:受け身、打ち込み、ムービング
○ガードポジションからの攻撃
○寝技のシャドーの練習
(休憩)
○小ネタ:スパイラルガードの基本
○技研数ラウンド
(休憩)
○ライトスパーリグ
              以上

2012年9月8日(土)ビジネスマン女子クラス

2012年9月8日(土)ビジネスマン女子クラスの稽古をお知らせします。

○準備運動
○基本
○シャドー2分*2R
(休憩)
○対人シャドー1分×3
○スパーリング2分×5ラウンド
○マススパーリング1分半*数ラウンド
(希望者のみ)
(休憩)
○技研等々
○受け身稽古
               以上 

2012年9月1日(土)柔術クラス

2012年9月1日(土)柔術クラスの内容

○基本:受け身、打ち込み、ムービング
○マススパーリング数ラウンド
○小ネタ:巴投げの打ち込み!
○技研数ラウンド
○ライトスパーリグ?
              以上

2012年9月1日(土)ビジネスマン女子クラス

2012年9月1日(土)ビジネスマン女子クラスの稽古をお知らせします。

○準備運動
○基本
○シャドー3分*2R
(休憩)
○対人シャドー1分×3
○マススパーリング2分×4ラウンド
(休憩)
○技研等々
               以上 
プロフィール

daidoyokohama

Author:daidoyokohama
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。